SSブログ

情報処理の限界点 [ネットワークの未来]

このところmixiなどの集まりに参加したことが縁で、様々な人との繋がりが出来はじめている。そしてそういった方の多くは自分のサイトやブログなどを持っており、mixiでも日記を書いていることも多い。

つまり当然だがはじめて知り合った人は既に日々の記録、思考や知識を蓄積し続けており、自分にとって非常に刺激的な考え方を展開させている方や、多くの発見に繋がるコンテンツを書いている方が非常に多く、ネット生活の毎日が刺激的なのだ。

特に先日行われたmixi内でのP2P-OFFでは30名以上の方が出席され、技術論や著作権問題、クリエイティブコモンズ、新しい商売の方法論、貨幣の価値について、そして果ては社会論に至るまで、多くの方との共感と新たな発見を得ることが出来て、知り合いになれた方や面白い発言をされていた方のブログやサイトを読むのが非常に楽しみでむさぼる様に読んでいる。

いるのだが…。


すみません、正直、人としてのハードウェア的に
キャパシティオーバーです。


私自身、あまりにも節操無く興味のあるものを片っ端から読んだり、やってみたい事の欲求が多い方なのだが、今ネット上で興味のある方のブログやサイトの毎日の更新を追うだけで、実はかなりの時間を消費している事にあらためて気が付いたのだ。
そしてさらに言うなら、気になっている方の過去の蓄積に全て目を通す、という事がもはや事実上不可能に近いところまで来ているのである。

これは何も自分自身に限った事ではなく、私のWEB上の情報にこれからはじめてアクセスする人にとっても、私の発信した全ての情報を読むなんて事は、よっぼどの興味を持っていただけない限り、ほぼありえない話な訳です。

この辺「友達付き合いだから義理立てして全部目を通してみよう」とかいう考えもあるかもしれないが、自分にとってあまり意義を感じない情報をインプットする行為は、自分にとっての必要情報を得たり、発信したりする為の時間を犠牲にする事に他ならない訳ですよね。

つまり極端な言い方をすれば、誰にとっても「私の興味のあるもの以外の事に、限られた人生での時間を無駄に消費したくない」訳です。

でもコレ、逆に言えば、他人にとって面白くもなく価値の無い私の情報で、時間を無駄にして欲しくも無い、という考えも成り立つ訳ですよ。
(ほらソコ、お前なんか無駄の塊だろとか言う奴…ごめん)

さて、そうなって来ると、湧き上がる疑問がある。

SNSやブログ等で活発な活躍をされている方に対していつも思うことに、いかにして自分にとって有益な情報を検索、選択し、それを題材に記事としているのか?あまりに多くの関係性の中から、自分にとって必要な情報のみを取り出し、それを読みアウトプットに繋げているのか?という事に非常に興味がある訳ですよ。


つまり平べったく言うなら、みんな?知り合った人のブログ、過去に至るまで全て読んでる?

って事。


(ほらソコ、ぎくっとして肩動いてる(笑))


正直、全部は読めないと思う、だってその人との共通する部分や、自分に無い特定の一部に興味がある訳で、その人の全部に興味がある訳じゃないから。

でもそれを義理を欠くからといって無理に全部読む必要も無いと思うし、あえて「読んでいるよ」と嘘をついたり、恐縮したりする必要は無いんじゃないかと、思うわけです。

例えば人を平面状に存在するマルであったとするならば、自分と他人のマルが重なる部分が、ある時たまたま出来上がってソコに関係性が生まれる訳だけど、実はマルは全て重なる訳じゃなくて、重なる部分は実は一部でしか無い訳ですよ。

で、そんなマルの重なりが幾つも連なった場合、全てのマルの面積を足すと、一人が知りうる事の出来る面積を軽く突破しちゃう。それってネット上だと案外あっという間に現れてしまうなあという事を、最近身をもって体験したという訳です。

多分これからは、いかにして情報を集めるかではなく、いかにして多くの情報から自分にとって有益な情報のみを短時間で効率的に集められるか?がもっと重要度を帯びてくるんでしょうね。

そして無限に近い関係性の中から、自分にとって有意義で価値がある人といかに深く関われるかが、より重要度を増すんだと思うのです。

逆に言えば人と人との繋がりがあっという間にインフレを起こしちゃうほどネットワークやSNSやブログって凄い訳で、そんな距離を感じない無限の広がりを持つネットだからこそ、人との関わり、つまり重なったマルの一部は価値があって尊いいものなんだと思う次第なのです。

そんな訳で私と知り合いになってくれた方々、皆様の発信した情報の全てには目を通せないかもしれないけれど、これからもよろしくお願いしますね。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 4

Hiroette

この気持ち分かります。
私も最初の頃は一通りブログの巡回コースがありました。
でも、今は全然そんなことしていません。

ごくごく親しい方のブログすら毎日なんて目を通していません。
人間無理しないのが一番です。
そして、必要な情報は必要なタイミングで入ってきますから、ブログの海を彷徨うとしても自分の気持ちの赴くままにやればいいと思います。知っている人のブログを過去から全部たどる必要もないと思います。必要なことは自然に入ってきますから。

と思って私はやっています。

とは言え、mixiでマイミクしている人の日記はだいたい目を通しているかな。
それも別に苦じゃないからやっているだけで無理ならしませんしね。

ということで
>SNSやブログ等で活発な活躍をされている方に対していつも思うことに、いかにして自分にとって有益な情報を検索、選択し、それを題材に記事としているのか?あまりに多くの関係性の中から、自分にとって必要な情報のみを取り出し、それを読みアウトプットに繋げているのか?という事に非常に興味がある訳ですよ。

このメカニズムはそういう面もあるのではないかと私は思うのです。
by Hiroette (2004-12-09 20:01) 

さかまた

コメントありがとうございます。確かにそうですね、流れるまま気の赴くままにネットの海をさまようのが一番いいのかもしれません。人が一生の内に知れる事や会える人、そして行ける所なんて本当に僅かでしかないのだなあ、と感じる今日この頃です。というかさっきまで一部で話題のコレに夢中になってました。
http://www.keyhole.com/
おらが街とエジプトのピラミッドが解像度の関係で見れないのが残念。
by さかまた (2004-12-10 02:18) 

nora

慣れろ。
by nora (2004-12-21 02:17) 

さかまた

あい。
わかりますた。
by さかまた (2004-12-21 18:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。